キムタク愛用の電気シェーバー「IZD-210」を使ってみた

ガジェット
スポンサーリンク

男の人にとっては一生ついてまわる作業が髭剃りですよね。

朝髭を剃る時間がとても勿体無いと感じて、一体人生で何分もの時間を髭剃りに費やしているのだろうかと考える程です。

私は髭剃りはもっぱらシェーバー派でこれまでPanasonicのラムダッシュを使っていました。

メンテナンスはしているのですが、どうにも切れ味が衰えてきた感じがあるので刃を変えるか買い換えようかなと思っていた所でした。

去年、SMAPの木村拓哉が自身のラジオでコンパクトシェーバーの事をベタ褒めしていた事を思い出し今更ですが購入しました。

キムタクとB’z稲葉も絶賛のCleancut IZD-210

それがこちらIzumiの「Cleancut IZD-210」。

キムタクがメチャクチャ剃れるとベタ褒めし、それを友人であるB’zの稲葉さんにプレゼントしたと話題になりました。

キムタクはあまりにもお気に入り過ぎて、ドラマ日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」の中でも使用し更に話題を呼んだそうです。

B’zの稲葉さん自身も「死ぬ程剃れる」と公言しているみたいです。

このお二人が仲良しな事にもびっくりですが、あのビッグな芸能人2人がお勧めするシェーバーなんだから間違いは無いでしょう笑

スペックと価格

製造元は、昭和14年から続く株式会社 泉精器製作所。

安心のMADE IN JAPAN品質です。

電源にロックボタンが付いていて持ち運び時の誤動作を防止してくれます。乾電池式(単2×1本)で1日1回3分の使用で約2.5ヶ月(80日)使用可能。

色はシルバーのみで、本体は幅35×奥行き35×高さ116。重量は90グラムしかないので、すごく軽いですね。

実売約2,400円ほどとかなりお手頃な価格です。

IZD-210開封の儀

実際購入して届いたので、開封してみました。

シルバーの無機質感とシンプルなフォルムでとてもカッコいいです。本来持ち運び用ですので、大きさも手に収まるくらいで、丁度良いですね。

黒色の携帯用バッグがついてるのも○ですね。携帯用ですので充電タイプでは無く、乾電池タイプになっています。購入する際は、単二乾電池も忘れないで買いましょう。

最初は軽く感じましたが、乾電池を入れて見ると程よいズッシリ感で高級感がアップしました笑

実際に使ってみて

まず最初の感動なんですが!!びっくりするほど静かですね!!

今使っているラムダッシュがとてもうるさく髭を剃りながらだとテレビが聞こえないぐらいで静かなシェーバーが欲しい所でした。

肝心の剃り味ですが、携帯用とは思えないレベルです。むしろ今まで1番剃れたシェーバーです。メインにしてもいいのでは?

切れ味がすごすぎて、髭を剃る音が気持ちいいです。表面も丸みのあるタイプですので、肌に引っかかる事も無く、髭剃り負けもしなさそうです。

唯一の欠点は防水では無いためお風呂の中で使用する事は出来ないくらいですけど、何よりもこの価格ですから、文句の付け所がないですね。

メリット・デメリット

メリット

○どこにでも持ち運べるコンパクト
○優れたデザイン
○お手頃な低価格
○心地よい切れ味

デメリット

×最近見ない単二乾電池
×防水ではない

話題性と抜群の切れ味とスタイリッシュなデザインでこの値段ですから、鞄の中に1つどうでしょうか?話のネタにもいいかもしれません。